「魔法の万年筆」 - ゆる~り、ゆるゆると~

「魔法の万年筆」

昨夜は、稲垣吾郎主演「魔法の万年筆」という舞台に行ってきました。
於:PARCO劇場

魔法の万年筆


PARCO劇場のページより

舞台は1920年代のニューヨーク。ジャズと狂乱の時代。
自由を求める人々が、音楽・文学・映画・演劇とさまざまな分野におけるエンターテインメントで、空前の活況を見せようとしていた時代。若き小説家のパーカーも、時代の渇望に応えようと、傑作を生み出すことに取り組んでいた。
しかし、なかなか小説を書けないパーカーは、傑作を書くのにふさわしい万年筆を捜し、担当編集者にお金を借りて、たった5ドルの魔法の万年筆を手に入れる。
すると、NYの小説界の大流行作家となり、プライベートも順調に…。
しかし…。



チケット取れてびーっくり!
SMAPですよ!
しかも、前のほうのいい席が取れたの。

吾郎ちゃんは、昨年も「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」
という舞台で観ました。
この舞台、主役は、大竹しのぶと段田安則、吾郎ちゃんは3番手。
大竹しのぶとかなり大胆なラブシーンもあり、難しーい舞台なのに
挑戦してて、稲垣くんの舞台に対する気持ちって半端じゃないんだ
なあって思いました。

今回の舞台は、ストーリーがわかりやすくて、あんまり頭使わなくて
よかった。
吾郎ちゃんの表情がとーってもよく見えちゃって、
吾郎ファンだったら、たまらないでしょうね。
きざな衣装がしっかり似合ってしまうところが吾郎ちゃんだなあって。
多忙な中、あれだけの台詞もよく入るよなあと感心。

ちょっとなんか物足りないかなって気もしたんだけど
なかなかよくまとまった舞台だと思いました。


記事が役にたったら、クリックしてもらうと嬉しいです!
       
人気ブログランキングへ

コメント
非公開コメント

Kisakoさん、こんばんは。
この舞台、私も気になってたんです~。SMAPの稲垣吾郎が主演ということで、ちょっとミーハーかしら・・・・と思いつつ、ストーリーがよさそうだなと思ってたんです。

私は市村正親の「ヴェニスの商人」をみにいく予定です!
まだちょい先ですが、彼の舞台大好きなんです♪
映画とはまた違った良さがありますよね。

2007-05-29 22:46 from なお | Edit

昨日は良いお席を譲っていただきありがとうございました!
友人はキムタクファンながらファンクラブに入っているくらいなので、もちろんとっても楽しかったと言ってました♪

わたしも生ゴローちゃんが見られて嬉しかったです!

2007-05-30 02:18 from ケイト | Edit

★なおさん
なおさんもこの舞台注目してたんですね。
演出、音楽もいい人がやってますよね。

私はちょっとミーハーどころか、めちゃくちゃミーハーなので
いろいろ行きます。
吾郎ちゃんの舞台がまたあったらまた行きたいと思います。

市村さん、私は昨年、「ダンス・オブ・ヴァンパイア」で
初めて観ましたが、安心して観られる役者さんですね。

★ケイトさん
お友達に喜んでいただけてよかったですー。
また、舞台を共有できましたね!

生ゴローちゃん、いいですよね。
私も見れて嬉しかったです♪

2007-05-30 07:53 from Kisako | Edit

トラックバック

http://kisako3.blog33.fc2.com/tb.php/826-6a6d7a00

Copyright © ゆる~り、ゆるゆると~ All Rights Reserved.
Material by Chemical Garden+ IMG BOX!~写真素材集~