1800回を超える上演ってすごい『放浪記』 - ゆる~り、ゆるゆると~

1800回を超える上演ってすごい『放浪記』

9/24(日)は、帝劇に放浪記を観にいってきました。

放浪記



数年前から、母がとても観たがっていたのですが、
チケットが

取れない、取れない、取れない~(涙)

やっと、今年、取ることができましたよ。

演劇を観ない人でも、森光子の代表作で、でんぐり返しする舞台という
ことは知っているでしょう。

森さんは2年前に『おもろい女』で観たことがありますが、
80歳を超えているとは思えないパワー溢れる舞台でした。
全然、老婦人という感じがしないです。
10代の娘時代から死ぬまでだったかな、幅のある年齢を
1つの舞台の中で演じ分けて行くのは、並大抵じゃないと思う。

今回もとても楽しみにしていました。

林芙美子って、すごい波乱万丈な人生なんですね。
作品も一部紹介されていました。
劇中、彼女の作品は
「ごみばこのごみを撒き散らしたような作品」
と言われていましたが、胸の奥底にずんと響くような
痛いところを更にえぐられるような感じがします。

森さんは休憩入れて、3時間40分の舞台
ほとんど出ずっぱりで、軽い身のこなし。
ぐいぐいひきつける演技力。
若いですねぇ。
1日2公演の日もあるんですよ!!!
9月の初旬に上演1800回を迎えたわけですが、
2000回目指してやるそうです。

でんぐり返しのシーンは、お客さんが期待していますから、
さあ、これからですよ、これからですよっとわかるように
振りをつけてから、やってくれました。
館内、大拍手です。

ロングランとなる作品はそれだけの価値がありますね。
いい脚本、いい演出、いい役者が揃わないとできないもの。

森さんにはできるだけ長く舞台を続けて欲しいですね。
来年3月には帝劇で「雪まろげ」が上演されます。
これもできたら観たいな。



記事が役にたったら、クリックしてもらうと嬉しいです!
       
人気ブログランキングへ

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kisako3.blog33.fc2.com/tb.php/437-51282a72

Copyright © ゆる~り、ゆるゆると~ All Rights Reserved.
Material by Chemical Garden+ IMG BOX!~写真素材集~