『世界の下町を描く』 桐谷逸夫絵画展 - ゆる~り、ゆるゆると~

『世界の下町を描く』 桐谷逸夫絵画展

銀座松坂屋で催されている桐谷逸夫絵画展に行ってきました。

世界の下町を描く 桐谷逸夫絵画展 逸夫・エリザベスの一期一会


■ 期間:2006年 9月13日(水)~19日(火)
■ 場所:7階催事場 ※最終日は午後5時閉場
■ 入場料(税込):一般・大学生500円、高校生以下無料

桐谷逸夫絵画展


入場料500円、有料だったけれど、世界の下町というのに惹かれて
行ってみました。

奥さんのエリザベスさんは、エッセイスト。
桐谷さんが絵を描いて、本人または奥さんが文を書いて
読売新聞に連載していたのですね。
原画と読売新聞の掲載紙面が併せて展示されているコーナーも
ありました。

外国の下町はそれほどなくて、東京の下町の絵が多かったです。
谷中、銀座、隅田川あたり。

絵の表現が写実に近いものから、現代アート風、モノクロ、カラーと
いろいろあって、同じ人の作品とは思えないくらい多彩。
どれも味わい深かったです。

人物画もありましたが、私は絵画は風景画が好きだなあ。

ラッキーなことに桐谷夫妻もいらしてました。
書籍購入者にサインしてました。
奥様、細くてスタイルがいいです。
桐谷さんもおしゃれで素敵。

心の栄養が欲しい人に。
19日までですが、おすすめです。


記事が役にたったら、クリックしてもらうと嬉しいです!
       
人気ブログランキングへ

コメント
非公開コメント

今日は心のランチブログですねー。
いい絵はその前に立って見ているだけで心が和みます。

2006-09-15 10:49 from prayforrain

★プリンさん
今日は心のランチブログ...
ん?あの、ここはランチブログじゃないんですよ(^^;;

そうですね。絵を眺めるのっていいですよね。


2006-09-15 23:57 from Kisako | Edit

トラックバック

http://kisako3.blog33.fc2.com/tb.php/421-6008450e

Copyright © ゆる~り、ゆるゆると~ All Rights Reserved.
Material by Chemical Garden+ IMG BOX!~写真素材集~