明石家さんま『小鹿物語』 - ゆる~り、ゆるゆると~

明石家さんま『小鹿物語』

今日は、さんまさんの舞台『小鹿物語』に行ってきました。
於:シアターコクーン

小鹿物語



私はコンサート・舞台が好きなんだけど、8月は私の好きな
ジャズやクラシックのコンサートあまりないんですよね。
約1ヶ月ぶりの舞台です。

さんまさんの舞台は初めてです。もちろんチケット取るのは大変です。
今回、ラッキーにも先行予約の抽選当たりました。

今年はべるばらも観れたし、結構、くじ運がいいみたい。

生瀬勝久、真矢みき というキャストも楽しみでした。

生瀬さんは、三谷幸喜の「12人の優しい日本人」で観たけど、
うまいなあ、舞台の役者さんだなあと思わせる演技でした。

真矢さんは初めてだけど宝塚のスターだから、舞台映えするよね。

休憩なしのノンストップで、2時間40分くらいかな。
だれることもなく、引き付けられる舞台でした。

笑いどころ満載なんだけど、お話としては哀しい物語。

ネタバレになるので、続きに書きます。



さんまさんは、戦時時代においても、喜劇のお芝居を続けていきたいと
思っている喜劇役者、小鹿さん。

真矢さんはその女房で飲み屋のおかみさん。

生瀬さんは情報局の人でさんまさんを取り締まる立場の人


さんまさんはさすがですね。
お笑いシーンではかなりアドリブがあったんじゃないかな。
真矢さん、生瀬さん笑っちゃってたもの。

真矢さんは、やはりね、綺麗。
ルックスはもちろん動作がすごく綺麗でした。
歌も1曲歌ってくれましたよ。

笑って生きていきたいのにそれを許さない時代。
最後はさんまさんに赤紙も来てしまいます。

さんま、真矢、生瀬、3人のシリアスな場面では
泣いちゃった人もいるんじゃないかな。

ところが。。。。ちょっとラストは意外な展開でびっくりしちゃい
ました。
ハッピーエンドだと思ったんだけどね。

すっごくよかった。また、さんまさんの舞台を観たいな。

真矢さん主演の舞台も観たい。



記事が役にたったら、クリックしてもらうと嬉しいです!
       
人気ブログランキングへ

トラックバック

http://kisako3.blog33.fc2.com/tb.php/380-56b01a02

Copyright © ゆる~り、ゆるゆると~ All Rights Reserved.
Material by Chemical Garden+ IMG BOX!~写真素材集~