伊東四朗生誕?!77周年記念『吉良ですが、なにか?』 - ゆる~り、ゆるゆると~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が役にたったら、クリックしてもらうと嬉しいです!
       
人気ブログランキングへ

伊東四朗生誕?!77周年記念『吉良ですが、なにか?』

12月5日は、伊東四朗さんの舞台

『吉良ですが、なにか?』

を観てきました。

於:本多劇場

kira201405a.jpg

kira201405b.jpg

今回、伊東さんからエコバッグと
スポンサーのヤクルトよりタフマンがもらえました。
ちょっと嬉しい。


脚本は、三谷幸喜さん
演出は、ラサール石井さん

三谷さん作で、大好きな伊東四朗さんと戸田恵子さんが出るので
チケットを取りました。

“最後の喜劇人”伊東四朗のもとに集った、芸達者な顔ぶれで創りだす
「ひたすら笑えて、観終ったあとには、何も残らない」作品にご期待下さい。

うん、いいですね。

「ひたすら笑えて、観終ったあとには、何も残らない」


吉良とは、あの吉良上野介のことなんですが、
なぜか舞台は現代の病院の待合室です。

当初、ラサール石井さんは、大石内蔵助の役だったはずが、
医者の役に変わっていて、チラシと全く違う設定になって
ました。


とにかく面白かったあ。
げらげら笑って、いい気分になれる。
こういう舞台はいいですね。

伊東さん、いつまでもお元気で、舞台に立って欲しいです。

記事が役にたったら、クリックしてもらうと嬉しいです!
       
人気ブログランキングへ

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kisako3.blog33.fc2.com/tb.php/2957-408c89d3

Copyright © ゆる~り、ゆるゆると~ All Rights Reserved.
Material by Chemical Garden+ IMG BOX!~写真素材集~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。