長澤まさみの美しい背中にうっとり、三谷幸喜演出「紫式部ダイアリー」 - ゆる~り、ゆるゆると~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が役にたったら、クリックしてもらうと嬉しいです!
       
人気ブログランキングへ

長澤まさみの美しい背中にうっとり、三谷幸喜演出「紫式部ダイアリー」

昨日は、長澤まさみと斉藤由貴の2人舞台
「紫式部ダイアリー」を観てきました。

於:Parco劇場


長澤まさみが三谷の舞台というのに惹かれました。


長澤まさみが紫式部、斉藤由貴が清少納言という役で
時代を現代に置き換えたお芝居です。


ノンストップでの105分の二人舞台


ものすごい台詞の量で、役者としての力量が
もろに問われるような舞台。

長澤まさみは、すごくがんばってるなあという印象を
受けました。

そして、舞台映えしますね。

前から4列目のとても良い席で観ることができて、
二人の表情もばっちりみえたのですが、
オーラがすごくあります。

長澤さんは美脚こそ拝めませんでしたが、
肩を出したドレスで、美しい背中を
うっとりと眺めることができて、
それだけても来てよかったと思いました。

そこかいっ!

肩幅は意外としっかり広くて、ウエストに向けて
きゅっと締まっていっています。
前姿も後ろ姿も、とてもきれい。


三谷さんの要求レベルは高くて、役者もそれに
応えるのが大変です。
でも、その高いレベルにチャレンジするからこその
新しい魅力が引き出せるのだと思います。

見ごたえのある作品でした。






記事が役にたったら、クリックしてもらうと嬉しいです!
       
人気ブログランキングへ

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kisako3.blog33.fc2.com/tb.php/2941-15d41f42

Copyright © ゆる~り、ゆるゆると~ All Rights Reserved.
Material by Chemical Garden+ IMG BOX!~写真素材集~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。