目が悪いせいで、200万円が消失しました。 - ゆる~り、ゆるゆると~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が役にたったら、クリックしてもらうと嬉しいです!
       
人気ブログランキングへ

目が悪いせいで、200万円が消失しました。

先日の視力トレーニングで視力が、片目
0.4→1.2に回復した記事で、拍手コメントくださった方
ありがとうございます。

読んで下さる方の存在はとても励みになります。
気を良くして、目の健康について書いていこうと思います。


hitomi201403a.jpg


ところで、あなたは近視ですか?
あなたのパートナーやお子さんは目がよいですか?

ある統計では、40歳以上の日本人の41.8%が近視なのだ
そうです。

また、 65.6%もの高校生が近視だそうです。

私もご多分に漏れず、15歳から目が悪くなりました。




私の近視ヒストリー


私の目が悪くなったのは、中学3年生の秋でした。
受験のため、部活を引退したら一気に悪くなりました。

私は卓球部で体育館の遠方の時計を
「早く練習終わらないかなあ~」
としょっちゅう見ていたんです。

遠方でピントを合わせる機会がなくなったのが原因だと
思っています。
あと、テレビの見過ぎかな。


高校入学時にコンタクトレンズ(ソフト)にしました。
コンタクトレンズを入れたら、どんどん度が進んでいった
ように思います。

煮沸消毒などの手入れがいい加減にしていたせいか、
何度も目を痛めました。

それで、使い捨てコンタクトレンズが出たときに、
1日使い捨てのコンタクトレンズに変更しました。


それでも、黒目に血管が走る「角膜血管新生」という疾患に
罹ったり、目のトラブルは続き、コンタクトレンズを
入れ続けるのは、恐いと思うようになりました。


2000年にレーザーによる近視矯正手術を厚生省が認可したのを
知って、近視矯正手術を受けました。

このときの視力、右目 0.03 左目 0.04 です。

laser201406a.jpg


手術後は視力は、 1.2 と 1.0 になり、
快適に過ごしてきました。

laser201406b.jpg



でも、今年になって視力が落ちてきてしまいました。

また、花粉症の目のアレルギー症状は、26歳くらいから
毎年出ていたと思います。


目のせいでかかった費用



一体、今まで目のせいで、どんだけお金を使ってきたか
ざっと計算してみました。



近視矯正手術 66万円
超音波治療器 10万円
コンタクト(ソフト) 3.5万円x12年
コンタクト(使い捨て) 6万円x10年
メガネ(4つくらい) 10万円
花粉症等、目の疾患医療費 3万円

計 191万円

ひぃー!
目さえよければ、使わなくていいお金だったのに。

低目に見積もってるので、実際は200万円超えているん
じゃないかと。

コンタクトレンズにかかった費用は覚えていないので
ネットで検索した費用で算出しました。

メガネも、4つくらいは作っているはず。

近視矯正手術は、まだ、出始めの頃で今よりずっと
高かったです。

あと、視力回復の超音波治療器っていうのも買いました。
効果なかったけど。

こんなやつで、目に当てる治療器です。






視力を回復させたい強い気持ち



でも、お金ももちろんですが、眼科に通った時間や
コンタクトレンズの手入れや装着の時間。

目の疾患や疲れ目などによる不快感。

そういうのこそ、実にもったいなあと思います。


もういい加減にしてくれ!

もうとにかく、これ以上、目のトラブルは
いやなのです。


また視力が落ちてきたから、老眼入ってきたから
メガネをかける?

そんなのイヤ!


それが、今回、視力トレーニングに真面目に取り組む
原動力となりました。

自力療法でよくなっている人がいるのだから、
私だってやればよくなるはず。

筋肉だって筋トレすれば、ついてくるのだから、
目の筋肉だって、鍛えればよくなってくるはず。



視力回復のためには、

絶対良くなるんだ

という強い気持ちを持つこと!
これが一番大切だと思います。

記事が役にたったら、クリックしてもらうと嬉しいです!
       
人気ブログランキングへ

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kisako3.blog33.fc2.com/tb.php/2878-099de34a

Copyright © ゆる~り、ゆるゆると~ All Rights Reserved.
Material by Chemical Garden+ IMG BOX!~写真素材集~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。