水面に垂れ下がる巨木の桜は見事、千鳥ヶ淵、靖国神社の桜 2014 - ゆる~り、ゆるゆると~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が役にたったら、クリックしてもらうと嬉しいです!
       
人気ブログランキングへ

水面に垂れ下がる巨木の桜は見事、千鳥ヶ淵、靖国神社の桜 2014

桜のはしご。

隅田川の桜を見に行った後に、千鳥ヶ淵と靖国神社の桜を
見に行きました。


千鳥ヶ淵は2010年夜桜を見に来ましたが、
日中の桜は学生時代以来。


夜桜もいいけど、やはり日中は素晴らしい。
大きくて迫力があります。


ボートで楽しむ人も多かったです。


chidori201403a.jpg

chidori201403b.jpg

chidori201403c.jpg

chidori201403d.jpg



chidori201403e.jpg






靖国神社も桜の名所なので初めて行ってみました。

靖国神社はイチョウ並木も見事だって知ってました?



露店がたくさん出ていてびっくり。
そして、宴会のためのテーブルもたくさん出ていました。


千鳥ヶ淵は宴会はできないので、こちらに流れてくるんですね。

私はお花見の宴会は寒くて苦手なので散策だけでいいけど。


chidori201403f.jpg


chidori201403g.jpg


chidori201403h.jpg


chidori201403i.jpg





いつか、上野公園の桜も行ってみたいものです。
混雑におじけて行けてませんが。
早朝に行くのがいいかな。

記事が役にたったら、クリックしてもらうと嬉しいです!
       
人気ブログランキングへ

コメント
非公開コメント

ひつこいっ…しつっこい ? ごめんなさい

…引っ越した?かも知れないけれど、
九段下から坂を上り、千鳥ヶ淵を左に曲がってほど近く、
MSビル「山種美術館」のコレクション。

「奥村土牛・オクムラトギュウ」と謂う老日本画家が描いた、
「醍醐の桜」と題した作品が有りまして、
この季節には必ず展示されていました。

今でも、桜が咲くと何故か思い出します。
「スケール+程の好さ」を教えて貰える「佳作」です。
あ、それほど大きくないんですよ…

でも…もし、絵葉書で出逢えたら一枚お求めになっても!

その千鳥ヶ淵に沿って、靖国通りを左折して桜を愛でた後、
フェアモントホテルでしばし茶を喫し、またお濠端を左に足を向けて、
旧・近衛連隊司令部の、小さいけれど威厳ある茶色い煉瓦造りの建物、
今は「近代美術館の工芸館」に入ります。

さ~ とりえず…トイレを済まして、
上質な小さな展示物をたっぷりと賞でた後に、
ご近所のパレスホテルで、ゆっくり早い夕食を、ゆったりと楽しむ…って、

ワシには高齢の、違うの!恒例の大切な歳時記だったんですよ。
その昔「てーぴーおー」って言葉が流行りました。

T:タイム
P:プレイス
O:オケ~ジョン

って、そう「アイビー」が根ざした、合言葉です。
その時+その場所+その場合ってことかなあ~

の~んびりと、ゆ~ったりと、こ~っくりと…
頭も 心も 体にも…
それはそれはこころよい、ヒトトキで御座いました。

2014-04-06 15:37 from よろ~ヨレ爺

★よろ~ヨレ爺さん

コメントありがとうございます。

近代美術館の工芸館の外観、素敵ですよね。
古い洋風建築が好きなので行って見たいと思いつつ
まだ、行けていません。

今度、寄ってみたいと思います。

2014-04-07 00:06 from Kisako | Edit

No title

ごめん、もう少し良いかな?
♪ 人の迷惑かえりみず~やって来ました「電線マン」~

その工芸館の建物は、外観もさることながら、
内装もなかなかなんですdo。

入口の重厚な木製の扉を「よっこらしょ」と開けると、、
目の前のズッシリした、木造りの階段が出迎えて呉れます。
なんか大相撲の横綱の土俵入りを「おおむこう」から見ているようで、
なんとも威厳が有ります。

ワシも背筋を伸ばして、ゆったりと上ります。
なんか偉くなった気分なの、エヘン。

踊り場で左右に分かれ、その日の好みで2階に登ると、
また左右に展示室の、木製のガラス扉が…
油を塗られた樫?かなあ~懐かしい匂いの床を歩く楽しみ!

そうだな、駒場の日本民芸館の怪談、いや階段と双璧です。
あとは上野の東京国立博物館の正面の、石造りの重厚な階段。
ワシのベスト3だな。

あっ、全然違うけれど、京都・馬町の河井寛次郎記念館の階段。
箱箪笥の階段で、慣れないせいでちょっと怖い…かな。
軒の「持ちおくり」の、木の枝の「支え」とともに、
しっかりしているのに、洒落ているんですな、これが。

庭の、小態の「登り窯」から、
あんなに素晴らしい作品が生まれたんだな~
やっぱり凄いな~ 凄い!!!

ワシは「へなちょこ」なので、彼の作品は強くて負けます、ハア~。
長々と御免なさい、先が短いせいなのかな。

2014-04-07 11:58 from よろ~ヨレ爺

★よろ~ヨレ爺さん

工芸館は内装も素敵なんですね!
絶対見てみたいです。

新緑の季節にお散歩がてら立ち寄りたいものです。


いろいろお詳しくて、しかもよく
覚えていらっしゃいますね。
すごいです。

2014-04-08 09:15 from Kisako | Edit

トラックバック

http://kisako3.blog33.fc2.com/tb.php/2812-69109861

Copyright © ゆる~り、ゆるゆると~ All Rights Reserved.
Material by Chemical Garden+ IMG BOX!~写真素材集~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。