10年前、リストラにあった私 - ゆる~り、ゆるゆると~

10年前、リストラにあった私

私はこの秋から、自己ブランディングとコピーライティングの
勉強をしています。
このブログを練習の場としていますし、お金も使っています。
教材も購入したしセミナーにも参加する予定です。

なぜ、今、自己ブランディングなのか、コピーライティングなのか。

今の自分に非常に危機感を感じるから。
私は、いつクビになったっておかしくないと思うから。
そして、そのとき、システムエンジニアとしての生命が終わる。

そしたら、一体私に何ができるだろう。
このままじゃいけないことは絶対確かだ。


別に会社から何を言われたわけではありませんけどね。


リストラされたことってありますか?

私はあります。
ちょうど、10年前の11月でした。




リストラは、ある日突然やってくる。

私はある中小企業にいました。その会社は経営状況がかなり
悪化している状況で、ある会社が資本参加することになり、
金を出すのですから当然口も出すということで、会社の体制が
大きく変わったのです。

社内にエンジニアは置かない方針が決まりました。

通告を受けたのが10月下旬で会社を去る日は11月末。
展開はものすごく早いです。

会社は社員に悪いことはぎりぎりまで言いませんからね。
ほんと、えーって感じです。


でも、そんなにショックではありませんでした。
ボーナスもまともに出ない、今にも潰れそうな会社だったから、
もう、潰れるまでいちゃって失業保険もらえばいいやみたいに
思っていたから。


しかし、困ったことがありました。
当時、私は客先に派遣されて仕事をしていて、
プロジェクトの真っ最中だったんです。
私の派遣の契約もまだ残っている状態でした。


会社、クビになっちゃったから、仕事できませーん!

と報告したのですが、ノウハウを取得するのに時間のかかる仕事で、
じゃ人を替えればいいねで済む話でなかったために、大人の行動を
取ることを強く求められてしまいました。

要するに継続して仕事してくださいってことですね。

契約は会社対会社なんだから、私の知ったこっちゃないのですが、
仕方なく大人になることを選び、プロジェクトのきりがつくまで、
契約社員として働くことになりました。

少し休んで失業保険もらいたかったんだけど。

収入はかなりあがりました。そりゃそうです。
だって、前がつぶれそうな会社で薄給だったから。

その後、最初に勤めた会社の同期だった男性の友人に、メールした
ついでに、

「リストラされちゃった、テヘ。」
(ほんとは、もっと真面目に書いたけど)

と近況報告したら、銀座に呼び出され、

「一体これからどうするの!うちに来なさい。」

と言われて、その友人が出向していた銀座の会社で働くことに
なりました。
ちょうど出産で長期休暇に入る女性のエンジニアの替わりを
探していたようです。

リストラされたら銀座勤め、収入もアップという私にとっては、
すごいよい展開になったんです。
世の中、わからないものです。

私をリストラした会社も今では立ち直って、上場も視野に
入ってくるくらい景気いいようです。

お互いにとって、よい結果になったのです。

もともと、リストラという言葉は再構築という意味だから、
そんな悪い言葉ではないんですよね。



これは10年前、私がアラフォーだった時の話です。
今はもう、リストラされたら他でシステムエンジニアとして
使ってくれるところがあるとは思っておりません。

これからのことを真剣に考えていかなければ。
最低限、自己を確立していくことが非常に重要だと
考えるのです。





25位以内を目指しています、なにとぞなにとぞ(-人-)
       
人気ブログランキング


記事が役にたったら、クリックしてもらうと嬉しいです!
       
人気ブログランキングへ

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kisako3.blog33.fc2.com/tb.php/2261-e6815d97

Copyright © ゆる~り、ゆるゆると~ All Rights Reserved.
Material by Chemical Garden+ IMG BOX!~写真素材集~