W ワタウィキ [[富士山]] 後編 - ゆる~り、ゆるゆると~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が役にたったら、クリックしてもらうと嬉しいです!
       
人気ブログランキングへ

W ワタウィキ [[富士山]] 後編

こんにちは、Kisako です。

私の好きなウィキペディア


略して ワタウィキ

このコーナーは、読者参加型 です。

参加してくださるのなら、嬉しいです。


私がウィキペディアに関する記事を書きます。

それに対して、
ウケタ と思えば、拍手ボタンを押していただき、
べ~つにと思えば、スルーしていただければ結構です。



では、第4回目 いきたいと思います。

4回目は、引き続き 富士山 です。

3回目の富士山の記事を見ていない方へ

3回目と4回目は前編、後編のセットになっていますので、
お手数おかけしますが、前編を見てからこちらを見ていただけないでしょうか。

W ワタウィキ [[富士山]] 前編 ← クリック


Kisako のおもしろポイント:写真の選択


↓画像をクリックしてください。

富士山


富士山」( 2011年10月6日 (木) 04:46 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

富士山って

一度登らぬバカ、二度登るバカ。

というそうですね。


ところで、皆さん、ウィキペディアの外国語版は見たことありますか?

富士山の記事ですと、左側に 他の言語 ってリンクがあるでしょう。

そちらで、各言語版の富士山の記事が見られるわけですが、

日本語のページの翻訳が出ていると思ってませんか?
ってか、存在そのものを意識したことないでしょ。


富士山


これがね、ちーがうんだな。

って、私もリンクをクリックして知ったのですが、

言語によって内容が違うのです。


例えば英語版、クリックしてみましょう。
   ↓
http://en.wikipedia.org/wiki/Mount_Fuji


わあ、トップ画像の写真からして違いますよ。

そして、黄土色の3Dぐるぐるまわる富士山が。

ええ? よくわかんない。
ぐるぐるまわして富士山の何が伝わるのか全く理解できない。

オレは、こんなすごい3Dぐるぐる作れるんだぜ

って、外国人のオレの3Dぐるぐる自慢がこれみて
にやけているとしか思えない。

日本人だったら、これを使う感覚はないよねぇ。

日本人にとって、富士山は神聖化されているから、
ウィキペディアでも富士山の美しい画像を載せることしか
考えられない。

それに対して、富士山に特に思い入れのない外国人がどうページを
作ってるか、どの画像を採用しているか面白いのです。


下に行くと、富士山の地層の断面図がありますよね。
この図は非常にわかりやすい。

これは、日本語版でもぜひ採用してもらいたい。
日本語版は、言葉だけでの説明でわかりにくいんだよね。

あっ、でも美しい富士山の写真しかだめなのか。
いろんな攻防があるからねぇ。

これを載せたら、抗議とかマジ来るかもしんないし。


下のギャラリーの方も画像もなかなかいいですよ。
日本版じゃ見られない角度の写真があるし、
船の後ろに浮かぶ富士山。 好きです。




でっと、フランス語版見ますね。クリック
    ↓
http://fr.wikipedia.org/wiki/Mont_Fuji


わあ~お、また、違う画像の

3Dぐるぐるが出てきた。


そんなに外人は、3Dぐるぐるが好きなのか。

ええ? 伝わる? 富士山? はて?



フランス語版の場合は、富士登山にも力を入れていて
ご来光の写真や頂上からの景色があります。


そんな感じなんです。


では同じアジアの韓国のハングル版は、
  ↓ クリック
http://ko.wikipedia.org/wiki/%ED%9B%84%EC%A7%80_%EC%82%B0

へぇ~え

一度登らぬバカ、二度登るバカ。

だって。

実は私、この言葉、知らなかったんです(汗

このハングル版で教えてもらったのでありました。



中には、 

日本?それどこ?

みたいな、日本の認知度のない地域もありますからねぇ。

そういうとこのは、ほんと画像1枚だけで、

ニホンという国の一番タカイヤマあるね。

みたいな感じです。

そうすると、富士山を代表する1枚として、どの画像を選ぶかがポイントと
なってくるわけで


富士山と桜と新幹線の構図の画像が選んであると、

うん、あなた、それ 正解!ぴんぽーん

とほめてあげたくなってしまう。




そーんな遊びをしてたら、衝撃画像を発見いたしました。


えー?、こっこれは



オランダ語版ですが、 

見る勇気のある人はクリックです。

  ↓
http://nl.wikipedia.org/wiki/Fuji_(vulkaan)







2枚目の画像ね。

えっ? ちょっと待ってよ。


富士山どれ?

まさかね。拡大画像見れば、意味がわかるのかも。

クリックです。



ウッソー!!!


うはは、 拡大で 640 × 480 pix 

解像度、ひくっ。

富士山、ちっちゃー、ぼけてるぅ

私のデジカメレベルとおんなじなんじゃないのぉ!




いやはや、考えられない。

かんがえられないとです。




なぜこれが、2枚目の画像として出ているのか。

出さないほうがいいんじゃね? (言っちゃった、たはっ)

アタシ、おっかしくておっかしくて。


えっと、どうやらこの画像は、東京タワーからの写真のようなんで、
この人は、

富士山は、東京タワーからでも見えるんだぜ!


と言いたいらしいんだけれど。

まあ、確かにね、東京タワーから富士山が見れる日は
よほど澄み切ったお天気の日だけだから、撮ったあなたは
ラッキーだと言えるんだけど、雲もかかってて、輪郭
はっきししてないでしょ。
それにあなたの国にとっての東京タワーの知名度もどんなんかんなあ?

撮影者と執筆者が同一人物で担当しているとも限らないけどね。


てか、やっぱり2枚目、いる?



ウィキペディアコモンズって、自由に使える画像が登録されているのがあるから、
それ使えばいいと思うんだけどね。







オ・マ・ケ
私の撮った富士山です。世田谷区から撮影。
投稿は...いたしません(爆

富士見橋からの富士山

夕焼けの富士山



それではまた、Kisako でした。


 あなたの判定は? ウケたら拍手ください


記事が役にたったら、クリックしてもらうと嬉しいです!
       
人気ブログランキングへ

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kisako3.blog33.fc2.com/tb.php/2178-d36c3927

Copyright © ゆる~り、ゆるゆると~ All Rights Reserved.
Material by Chemical Garden+ IMG BOX!~写真素材集~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。