伊能忠敬記念館の佐原へ行く - ゆる~り、ゆるゆると~

伊能忠敬記念館の佐原へ行く

じゃーん。

先週の3連休の10月10日、伊能忠敬記念館のある佐原に行ってきました。

ここは、伊能先生の旧宅もあるところ。

絶対行かなきゃ!

志の輔さんが落語で言ってた 伊能図(日本地図)をしっかり
目に焼き付けて、今後の人生の地図を描いていくのだ。

今、行かないと絶対だめだ。

japanmap_2011.gif

商用利用可のWEB素材が無料な素材屋




inou201110a.jpg


こちらでは、大きなプロジェクターに、現在の日本地図と、
伊能図が交互に写し出され、伊能図がかなり正確な地図で
あることがわかるのです。


伊能先生は、50歳からの地図の方がクローズアップされていますが、
商人としても、才覚のあった人なんですよね。

隠居生活に入るが、このとき家産30万両(約75億円)
(こちらを参照

ひょえ~! 75億円


あとは、そのまま、贅沢三昧の老後も送れたはずなのに、
ここから、江戸にでて、31歳の高橋至時に弟子入りするん
ですよね。

そこが胸きゅんなのだ


記念館で、うっとりと展示を眺めてまいりました。


ところで、この記念館、商売っ気がないので、
グッズを売っておりません。

私なんか、伊能図のポスターなどあったら、絶対買うのに。
そういえば、富岡八幡宮にも伊能グッズはありませんでした。

わかってないなあ。絶対売れるのに。
私のような人、いっぱいいると思うよ。

すぐ側の『伊能忠敬茶屋』というところに、伊能先生関連の
お土産は少し置いてありました。
でも、ポスターはないんだよね。

伊能忠敬の全国測量 という薄い冊子を購入。


佐原では、2018年伊能忠敬没200年になるので、
ぜひ 大河ドラマ にと
署名運動をしていました。



inou201110d.jpg


あれっ?
今年はじめに聞いた 志の輔落語のタイトルは

『大河への道~伊能忠敬物語~』

で、これは佐原の役所の担当者が伊能忠敬を大河にしてもら
おうとする創作落語で、50歳からの活躍じゃ大河のヒーローと
しては地味だということで、結局、その企ては失敗に終わっちゃう
というオチだったんだけど、志の輔さんはこのような運動が
あるのを知っていたのかな?


私ももちろん、署名しましたよ。
ぜひ、やってほしいっす。

受信料も払っています。NHKさん 





こちらは、伊能忠敬の旧宅です。

この佐原地区は歴史的町並みで重要伝統的建造物群
保存地区に指定されているのですが、3月の震災の
影響で、かなり被害を受けたようです。


旧宅も瓦が落ち、中の見学ができなくなっていました。
損傷が大きいので、復旧できるのかなあ。

inou201110b.jpg

inou201110c.jpg


でも、伊能マインドはしっかり刻み込んでまいりましたよ。

よしっと!

記事が役にたったら、クリックしてもらうと嬉しいです!
       
人気ブログランキングへ

コメント
非公開コメント

Kisako様

 こんにちわ、伊能忠敬記念館の記事、楽しく読ませていただきました。この近場での食事の記事もアップしていただけるとうれしいです。

 20年ほど前に、江戸時代後期(1800年頃)の地図についての30分の番組がありました。ナレーターが江戸時代にタイムスリップして、旅行者が地図を見ているので、「伊能忠敬の地図ですか?」と聞くのですが、誰も伊能忠敬を知りませんでした。

 江戸時代の庶民や武士などが使っていたのが、赤水図という地図でした。これは長久保赤水という茨城の人が作った地図で、日本輿地路程全図というものです。

 http://cr-arch.chi.iii.u-tokyo.ac.jp/hdadb/collections/sekisuizu.html

 伊能忠敬の地図は、幕府の最高機密で、明治になるまで国民に知らされなかったのに対し、赤水図は市販され、明治になっても使われました。見ていただくとわかりますが、現在でも通用する正確さです。もちろん、伊能忠敬の地図よりは格段劣りますが。ですので、残念ながら、江戸時代に伊能忠敬の名は全くの無名でした。

 おまけに測量が順調になると、測量の名を借りて、薩摩藩や長州藩など反幕府側の藩にも入れたので、スパイが同行するなど、かなりきな臭い仕事にもなったようです。本人にそんな気は全く無かったでしょうが。

 今の世界でも、3分の1ほどの国で、自国の地図は市販されていないそうです。理由は国防上の理由だそうです。200年も前から自国の地図を庶民も買えた日本はすごいと思います。

 男性誌の週刊モーニングに谷口ジローという作家が、伊能忠敬をモデルにしていると思われるマンガを不定期連載していて、コミックス1巻がでています。「ふらり」というタイトルでISBNは978-4-06-372996-2です。

 http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=3729966

2011-10-17 13:42 from Reindeer | Edit

★Reindeerさん
興味深い内容のコメントありがとうございます。

食事は観光に夢中になってしまい、ちゃんと取れなかったんです。
でも、佐原観光については、記事アップしていく予定です。

2011-10-17 20:34 from Kisako | Edit

トラックバック

http://kisako3.blog33.fc2.com/tb.php/2173-64b36606

Copyright © ゆる~り、ゆるゆると~ All Rights Reserved.
Material by Chemical Garden+ IMG BOX!~写真素材集~