コクーン歌舞伎 『東海道四谷怪談』南番 - ゆる~り、ゆるゆると~

コクーン歌舞伎 『東海道四谷怪談』南番

今日のお昼は、
シアターコクーン:渋谷:・コクーン歌舞伎 第七弾 東海道四谷怪談
を観てきました。

コクーン歌舞伎『東海道四谷怪談』



先月の22日に観た、
PARCO歌舞伎『決闘!高田馬場』

がすっごく面白かったんです。なので、コクーン歌舞伎の方も急に
どうしても観たくなりました。Kisako母も同じ。
コクーン歌舞伎とPARCO歌舞伎両方を特集したテレビを見たらしいの
ですよね。

といっても当然チケットは完売。
でも、ラッキーなことにオークションで定価でチケットが取れたのです。
日曜日なのにね!ホント、ラッキーでしたよ。

PARCOでは、お兄ちゃんの中村勘太郎さんが出てましたが、
コクーンでは、お父さんの中村勘三郎さんと弟の七之助さんが出演という
のも興味深い。

まだ、この兄弟が小さい頃、芸に励む姿をドキュメンタリー番組でよく
やってましたよ。幼くていじらしくて可愛くてね。。。
その子達が、もう大人の歌舞伎役者さんですからね。
しみじみ ←なんかおばちゃんっぽい(^^;;

今日のお客さんは着物姿の美しい女性がたくさんいました。
歌舞伎ファンのお客さんが多かったのかな。
「中村屋!、成駒屋!」と声をかける男性客もいたし。
勘三郎さんのファンが多いのでしょうね。
立見のお客さんもいましたぞ!

ブログでの観劇レビューを見ても、勘三郎さんの「お岩」はすごいら
しい。ワクワク!


勘三郎さんは、さすがでしたね。

1幕目でかなり長いソロでの芝居があります。
お岩が毒を飲んで形相が変わっていくシーンです。
これが女の情というものがとてもよく描けていると思います。
惹きつけられます。

それから、水の中から出たり入ったりする中での衣装、役の早替り。
火の中から出る宙吊り。

最後の立ち回りのきれのよさ。

すごいなあ、よくあれだけ動けますよ。ジムに通ったそうですけどね。
これだけの内容を今日は2公演ですよ。

前半は女の情念をしっとりと、後半は火や水も使ったエンターティメント
ときどき笑いもまぜてやってましたね。

前方席は水がかかるということで、レインコートと水よけの長いシートが
渡されてるの(笑)

PARCO歌舞伎とは違った楽しさがありましたね。
最後は全員総立ち、スタンディングオベーション!

観れてよかったです。

記事が役にたったら、クリックしてもらうと嬉しいです!
       
人気ブログランキングへ

トラックバック

http://kisako3.blog33.fc2.com/tb.php/183-36e82f53

Copyright © ゆる~り、ゆるゆると~ All Rights Reserved.
Material by Chemical Garden+ IMG BOX!~写真素材集~